エンタテインメントの意義と頑張って生きる理由

エンタテインメントの意義

・楽しい時間を提供する。

・その時間、夢中になれる。

 

これ以上に、エンタテインメントの持つ可能性は大きいと思っていた。

エンタテインメントにより、人の人生を大きく変えれるのではないだろうか。苦しんでいる人の支えになるのではないだろうか。生きるためのエネルギーを与えれるのではないだろうか。

 

間違ってはいないと思う。ある意味そうである部分もある。

 

では、人はなぜ遊ぶのか。

何のために、ゲームをやるのか。目的はない。ただ、楽しいから。スポーツも同じ。何のためと言われても、わからない。楽しいと感じるから、やるだけ。

 

では、なぜ人は、エンタテインメントに意味を持たせたがるのか。

それは、生きる理由、意味が欲しいからではないか。

生きるには、苦しみが伴う。なのになぜ、頑張っていきなければならないのか、と疑問に思うんだ。

 

人間は死にたくないと思うはずだ。生きるというのは死ぬということ。必ず死ぬ。人間は死ぬ。これからは逃れられない。

 

本当は、死というものは、もっと怖いもの。死にたくないから生きる。ただ、生きるのも苦しい。死にたくないから生きるんだけど、生きることも苦しい。

 

結論、人間は死にたくないから生きるんだろう。

ただ、生きるということは、苦しみが伴う。

ただ、苦しいだけじゃない。幸せも感じれる。愛を感じれる。苦しいことだけではない。だから、生きるんだ。

 

人生において、苦しいこともあれば、楽しいこともある。だったら、その楽しい時間をどれだけ増やせるのか。そこに、エンタテインメントの意義があるのではないだろうか。ゲームが存在する理由となるのではないだろうか。

 

人生の中で、苦しみだけが続いてしまうことがあるかもしれない。生きることが辛くなってしまう。そんな時、ゲームで楽しさを提供する。苦しいことだけじゃないよ、って、教えてあげるんだ。

 

また、違う話をしよう。

自分だけに囚われてしまった人。何らかの原因により、おかしくなってしまった人。そんな人をどう助けれあげればいいのだろうか。

 

そんな人たちをエンタテインメントでは、どうすることもできない。わからない。身近な人たちの支えが必要なのではないか。家族や親戚など。

 

何でそうなってしまったのか。抑圧された何かがある。発散できない原因がある。社会がそうさせたのか。家族がそうさせたのか。わからない。

 

自分の話をしよう。

 

俺は、ゲームプログラマー になりたい。ゲーム企業で働くと決めたんだ。覚悟を決めたんだ。ただ、虚しさも感じている。

 

世界中の人が幸せであって欲しい。愛に包まれた世界であって欲しい。泣かなくて済む。悲しまなくて済む。楽しい世の中。そうなって欲しいと、俺は思ってるんだ。

 

ゲームでは限界がある。それは知ってるよ。知ってる。

 

俺も幸せを感じていたい。愛を感じていたい。

 

俺のために、頑張ってもいいんじゃない。俺は、ゲーム企業に就職できたら、すごく嬉しい。喜びを感じれるんだから。自分自身のために、頑張ってもいいんじゃないか。

 

俺は、ゲームプログラマー になりたいから、頑張るんだ。喜びを感じれるから頑張るんだ。俺のために頑張るんだ。人のためじゃない。人を幸せにしたいという気持ちは、確かに大事かもしれない。

ただ、結局は綺麗事なんか言っても、自分のためにしか本当のエネルギーでは動けない。

 

俺は、ゲームプログラマー になりたいから頑張るんだ。自分のためだ。なれたら、嬉しいんだから。その喜びを求めて、頑張るんだ。